同じバイト先でも条件が同じとは限らない

バイトを探す方法はいくつもあります。友人や知人の紹介もあれば、店頭の貼り紙、企業のホームページ、アルバイト情報誌を活用する方法もあります。では同じバイト先ならばどの方法で応募しても条件は全く同じなのでしょうか。実はそうとは言い切れません。多くの企業は公平性を保つために同じ条件で提示していますが、なかには「入社祝い金」という制度で差別化している場合もあります。何を経由して応募・採用となったかによって得をすることもあるのです。

紹介会社の特典を活用しよう

この「入社祝い金」という制度は基本的に紹介会社が用意している特典です。その紹介会社を経由して特定の企業に採用となった場合に「入社祝い金」という名目で紹介会社から給与とは別にお金が支払われるのです。多くは5千円から1万円ですが、高ければ3万円というケースも稀にあります。仕事内容や採用条件に違いはないため、ちょっとしたお小遣いを貰える感覚です。バイト探しをするならば、このような紹介会社の特典を利用しない手はありません。

対象となる条件に注意

但し「入社祝い金」はすぐに貰えるものではありません。また受け取り対象となる条件が設定されています。例えば6か月継続的に勤務した場合とか、週に20時間以上の勤務、といった具合です。これはあくまでも1例で、勤務先や仕事内容などによって条件は異なります。そして受け取りとなる時期はそれらの条件を満たした後となります。すぐに受け取れると勘違いしないようにしましょう。しかし条件は決してハードルの高いものではありません。真面目に勤務すれば問題ないでしょう。

住み込みの求人とは、遠方からでもその仕事に興味のある方やしっかり稼いで貯金したい人、家を出たいがその余裕がない人などが会社の寮などに住み込み、その会社で働けるという条件で仕事をさせてもらえます。