病院の勤務医としての日常的な仕事

医師の多くが病院などの医療機関で働いており、その大半が外来診療と病棟管理の仕事を担当しています。また外科医の場合には手術をする場合も多く、ローテーションに従って救急対応も行っています。その一方で更に収入を増やすために、他の医療機関でバイトを行う事例も多いです。常勤の医師の仕事とバイトの仕事を上手に組み合わせることで、高収入を実現することが可能です。毎月3回程度の非常勤の仕事を行う医師の多くが、年収1500万円以上を実現しています。

手術や診断のスキルを生かしたアルバイト

手術や診断などの専門分野を生かすことが、アルバイトで高収入を得るためのポイントです。心臓疾患の手術や脳疾患の手術が行える専門医であれば、地方の病院で非常勤として働くことが、効率的に副収入を得るための秘訣です。内視鏡検査やCTの画像の読影など、検診のスキルを持っている人であれば、人間ドックの分野で活躍することができます。特に企業の健康診断が多いシーズンであれば、集中的に働いて収入を得ることが可能です。

スポットの仕事を上手に活用するテクニック

非常勤の募集情報をチェックすることで、空き時間を最大限に生かせる医師の仕事を見つけることができます。とりわけ一日単位で働けるスポットの求人は、効率的に収入を確保したいときに便利です。午前中限定の外来のアルバイトも多いために、若手医師も気軽に応募できます。1コマ当たりの患者数が30名前後の病院も多いので、ゆったりとした環境で働けます。更に小規模病院の当直の仕事であれば、仮眠や休憩の時間も十分に確保できます。

医師のバイトでは、空いている時間を有効活用しながら働ける点が魅力で、様々な時間帯において効率良く稼げます。