仕事探しに公共機関を使う

子育て中にママのお仕事さがしをするのは、とても大変です。仕事探しにハローワークに行くにしても、保育所に預けられない状態の場合は、子連れで探さなければなりません。ハローワークには、現在マザーズワークといって、働くママのために仕事を探すのを手伝ってくれる場所があります。子供が遊べる場所も設置されているので、相談中はそこで遊ばせることもできます。小さな子供の場合は、すぐに飽きてしまうので、短い時間で細目に通って探す必要があります。

自分の希望順位を把握する

ハローワークで探す場合、なかなか自分の希望に沿わない時もあります。ハローワークもママだけを対象にしているわけでなく、膨大な人数を抱えているわけですから、致し方ありません。しかし、時給や勤務先、職種、時間帯、自分の希望順位を先に決めておいた方が、仕事は比較的探しやすくなります。どれもこれもぴったり合う仕事先はなかなかないものですし、保育所に子供を預ける場合は、3か月以内に仕事を探せないと退所させられてしまいます。なるべく早く効率的に探せるように、希望順位を決めておく方が良いです。

ママをサポートする社会を

ママが仕事をする上で一番困ることは、子供の急な体調不良等で仕事に支障が出ることでしょう。子供が具合の悪い時に、自分以外に見れる人がいない場合は、仕事を休んだり早退せざる負えません。しかし、仕事先によってはなかなか休みにくい、言い出しにくいところもあるかもしれない。そういう感覚が少なからずママにはあって、正社員に復帰するママが少ないのではないでしょうか。仕事も育児も両立していくには、周りの協も必要です。子供のために仕事が犠牲になっても、他の人がカバーしてくれるような、安心してママが働くことができる社会体制が必要です。

主婦のパートは家庭と両立できて空いた時間に働ける仕事が人気があります。事務職やスーパーのレジ打ち、コンビニスタッフなどの募集が多いでしょう。