保育士は需要が多い職業です

景気の低迷により共働き世帯が増え、子供を保育園に預けたい家庭が大変増えています。それに伴い、日本では保育園、保育士不足がニュースでもよく取り上げられています。職業安定所でも求人情報がたくさん出ていて、需要と供給がつりあっていない状況になっているようです。今、保育士免許を取得するととても就職に有利になりますので、もしどのような資格を取得したらよいか迷われている方は保育士免許も視野に入れるとよいのではないでしょうか。

無資格の人でも需要があります

このような状況なので、無資格の人でも補助という形で保育園で雇ってもらえることもあります。子育て経験のある方、子供が大好きな方にはうってつけの就職先になるのではないでしょうか。無資格で働いてみて、もっとスキルアップをと思う方は、専門学校、大学、短期大学にある養成学校に行かなくても、実務経験や学歴などで条件を満たしていれば保育士免許の受験資格を得ることができますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今からでも遅くありません

「私はもう年齢も上がっているし資格が取れないのではないか」と思いがちですが、保育士の受験資格はそこまで厳しいものではありません。年齢に関してですが、大学、短大、2年以上の専門学校を保育に関係のない学部や学科でも卒業していれば試験を受けることはできますので、今からでも決して遅くはないのです。子育てを経験された方、ある程度自分のお子さんに手がかからなくなった、子供が好きだという方にはとても適した職業ではないでしょうか。需要は高まる一方ですので、これからの時代にとてもお勧めの資格です。

保育園の求人は、「保育のお仕事」「保育士バンク」「保育士求人ナビ」などのサイトで、条件を絞り込んで検索できます。